お客さまの声 Vol.147

安定の不動産投資

S.K 様

某上場企業勤務
30代  

他の投資商品と比較して不動産投資は取り組んでみていかがですか。

ファンドや暗号通貨等も取り組んでいますが、比較した際に、不動産投資はやる事が少なく仕事に支障がない。元手も少なく、老後に向けて年金対策ができることが魅力的です。

将来について、どのようにお考えでしたか。

昨今の、金融庁の老後2000万円不足してしまうという発言や、終身雇用が約束されない時代であること、日本の財政破綻によるハイパーインフレ等、考えれば色々な将来に対しての不安がありました。
ですから、これまでも副業や投資など色々と取り組んできました。

不動産投資を取り組むにあたり不安はありましたか。

もちろんありました。ここ10年で劇的な変化・経済不況がありました。リーマンショック、震災、コロナ。ですが過去の実績やデータに基づき不動産であれば影響も少ない事を理解して取り組む決断をしました。

最後に不動産投資を検討されている方に一言お願い致します。

私の場合、不動産投資のスタートが30代前半になります。
中長期で考えても、繰り上げ返済の事を考えても「取り組むのは若ければ若いほど良い」と思いますので、参考にして頂ければと思います。