マンション経営とは?

マンション経営は手間やリスクが少なく将来のライフプランの備えができる投資方法。
  • マンション経営を簡単に言うと、マンションを購入してそれを
    入居者に貸して家賃収入を得ると言う事です
    『大屋さん』として長期的に物件を所有していく事が『経営』と言えます。また、マンション経営は少ない自己資金で大きな
    リターンを産む(レバレッジ効果=てこの原理)ことから
    投資的な要素もあるため『マンション投資』とも言えます。
    近年、年金問題・増税・物価上昇といった社会的不安や
    金融商品の金利低迷などを背景に、マンション経営は少ない
    自己資金で安定した収入を確保できる、手間やリスクが 少ない
    投資商品として注目を集めています。
  • intro_img01.jpg
 

安心の賃貸管理システム

どんなものにもデメリットやリスクはつきものです。
STARTでは、お客様がいかにデメリット・リスクを回避して安心して取り組んで頂くかを重点におき、
2つの賃貸管理システムをオーナー様にご提案・ご選択頂いております。

家賃保証契約

マンション経営最大のリスクは、入居者がいない空室の状態が長期的が続くことです。東京23区内の駅から近い、高い需要が見込める都市型のワンルームでも絶対に空室にならないとは限りません。
STARTの『家賃保証システム』では、当社がお客様と入居者との間に入り、当社がお客様の物件をお借りすることによって、入居者の有無に関わらずお客様に毎月の家賃を払いますので、万一、空室になったとしても、
お客様は安定した家賃収入を継続的にお受け取り頂けます。お借りした物件は当社が転貸し管理・運営致しますので、募集業務等の手間は一切ございません。

集金代行契約
  • STARTではマンション経営を行う事により、お客様の生活に 支障のないよう『集金代行システム』を行っています。
    入居者募集から、賃料の集金、退去後のメンテナンスまで、オーナー様の
    賃貸管理業務を一手に引き受け、オーナー様はもちろん、入居者様にも
    ベストな管理をしていくことで安心してマンション経営を行える環境を
    ご提供しております。(空室時の賃料保証はございません)
  • intro_img02.jpg
  • intro_img03.jpg
  • 賃貸管理代行システム
安心ポイント

上記、いずれのシステムを選択いただいても、煩雑な賃貸管理業務は当社が行います。
また、当社管理物件の入居者様は、学生から社会人、企業様との契約(社宅)と多岐にわたりますが、
ただ募集業務を行うだけでなく、お客様の大切な資産を健全に維持・管理するため、厳正な入居審査を行い、
優良入居者様にのみご入居頂いております。

新築マンションと中古マンションのメリット・デメリット

新築のメリットは長期に渡り安定した資産形成ができること。

実際に居住するマンションと同様、投資用マンションにも新築・中古があります。マンション経営を考えたとき、
最初の心配事として購入価格のことが気になるのではないでしょうか。
少しでもローン価格や自己資金を抑えたい為に、価格の安い中古物件を考えられる方もいらっしゃると思いますが、マンション経営は価格だけで決めるべきではありません。新築・中古双方のメリット・デメリットを見た中で
ご検討ください。

  • 中古マンションのメリット
  • 中古マンションのデメリット
  • 新築マンションのメリット
  • 新築マンションのデメリット

中古マンションは購入価格が安く比較的利回りも高いので、気軽に始められるイメージもありますが、マンション
にも寿命があります。現在の建築基準法で建てられていない何十年も前の物件は、思わぬ老朽化が進んでおり、
リフォームや修繕費用など出費が重なるかもしれません。
他方、新築マンションは阪神淡路大震災・東日本大震災ともに倒壊率0%という頑丈なつくりになっているため、
中古物件に比べ価格は高く、利回りも低いものの長期的に安心して自分の資産を保有していくという点では
割高ではありません。